子供英会話教室の選び方と、子育て奮闘記。子供英会話教室を比較・評価しています。


幼児教育と子育て奮闘気。子供英会話教室の話題など

子供英会話教室@なび

日本人講師VSネイティブ講師

子供が英語ぎらいにならない為には素敵な先生の存在が欠かせないということを前のページで述べました。


「大好きな先生」と一緒に学んでいく上で日本人だからとかネイティブだからというのはあまり関係ないということです。

また、先ほども述べたように子供は様々なことにたいして敏感になりますそのとき親も一緒に先生とコミュニケーションをとらなければその子の壁はとざされてしまうでしょう。


ある程度英語に自信がある方だったら大丈夫と思うが、ケアする上でまだ理解できない英語で話されても子供の心には通じません。

また、日本人のスクールマネージャーのような人がいてネイティブ講師に的確に正確に伝達してくれるのであれば良いとも思いがちですが、これは大きな落とし穴で先生との信頼関係は何も深まりません。
言ってしまえばスクールマネージャーとの関係でしかないような気がします。


レッスン中の日本語禁止は大歓迎ですがそれ以外で子供と向き合えるくらいの日本語能力も求めたいものです。


言葉は「話す、聞く、読む、書く」この4つの力が必要となります。小学校英語になると読み、書き中心になります。そして既に小学生から英語検定を受けている子も多いらしいです。(すごいですね)

そこで正しい文法も必要となってきます。正しい文法を教えられる外国人講師は少ないのです。
ましてや日本語がわからない講師だと正しく文法をどのように伝えることができるのでしょうか。

発音のことだけを考えればネイティブが良いことは誰でもわかることだと思います。

では「講師がかわることなく子供と信頼関係をつくれ、日本語も堪能、正しく書けて正しい文法も教えられる」なんて、

こんな素敵な外国人講師にあたる確立は宝くじに当たるようなものではないでしょうか。


あと、今や主婦の趣味からはじまったホームティーチャータイプ。簡単にいってしまえばフランチャイズみたいなものですよね。

こちらも個人宅や公民館などを利用してアットホームな感じで英語が学べ割と低価格で行っているものが多く見られます。

身近にあるので長く続けていくには通いやすく日本人講師なので文法的なところもしっかりレッスンできるかなと一瞬思います。

しかし、現状はというと講師はあくまで普通の主婦(私より英語力があるのは間違いないですが)「海外に2年間住んでいました~」「貿易会社につとめていてその英語を生かせたら~」など実際の英語力はそんな必要がないそうです。

「英語力より子供が好き!」という方大歓迎なのです。高校卒業程度の英語力があれば先生になれるそうですよ。

子供を英語好きにしてくれる上ではこういう先生が良いのかもしれませんが、もう少し質の高い(特に発音)講師を求めたいところです。(私がいうのもなんですが・・・)

これは実際のホームティーチャーに聞いたのですが、学校名、教材が同じでも個人で開設しているので先生によってカリキュラムに差が大きくでるそうです。あたりはずれのリスクはかなりあるでしょう。

やはり、子供の英会話は長く続けることに意味があるのでレッスンのカリキュラムや講師の教育が一環されている直営校で選びたいものです。

komachi実録?に基づき、子供英会話教室の選び方を考えるサイトです。

Copyright(c) komachi All rights reserved.