子供英会話教室の選び方と、子育て奮闘記。子供英会話教室を比較・評価しています。


幼児教育と子育て奮闘気。子供英会話教室の話題など

子供英会話教室@なび

ヤマハ音楽教室 体験レポ

ヤマハ音楽教室から英語教室までに発展したヤマハ英語教室の体験へ行ってきました。
音楽をベースにして、小さな頃から音楽をリトミック感覚でとりいれそこに英語を載せて感覚で英語を習得していきましょう!というよく考えられたビジネスの音楽教室です。
個人的にはリトミックも評価していますし、子供にとって英語を身近なものにするうえで音楽から入るという点では非常によく理解できます。
そんな音楽という力をもったヤマハさんの英会話教室にも興味がありました。

3歳児の親子一緒のコースで体験をうけました。
レッスンはやはり期待通り音楽CDを中心に若い先生が明るく進めて行くレッスンです。とにかく音楽、音楽音楽という印象でしたね。さすがヤマハさん。
リトミック感覚で楽しむ場所が欲しいと思う方にはおすすめですよ。

システムは3歳児までは月3回で6300円。単純にレッスン数だけ考えると少し高い気がしますが内容が充実していればいいのです。しかし体験だけではわかりませんがちょっと物足りなさを感じました。一クラス定員8人、しかもここは親も一緒になるので全員で16人になってしまいます。
親も一緒にお話したり行動したりするので、挨拶にしてもクイズにしても順番がまわってくるのに時間がかかるというのが現状ですね。
まあ、8人全員が揃うということはそうそうないと受付の方はおっしゃっていました。

4、5歳のクラスになると年間42回で8925円。月謝は平均的だと思います。こちらのクラスの体験はできなかったのでよくわかりませんが、やはり歌中心のレッスンです。

教室はヤマハ直営教室と楽器店などを使って先生個人で運営している教室があります。どちらも講師のレベルは同じで全て日本人講師です。比較的若い先生が多い感じですよ。
直営教室の講師は、色々な教室をローテンションしているそうです。先生が気に入れば他校へ転校してでも追いかけることもできるそうです。

ヤマハのシステムは5~10月の前期、11~4月の後期と前期、後期とわかれていて半期に一度教材を購入することになります。5月、11月となんとも中途半端な区切りかたで、おまけに親子一緒の小さい子のHOPコースは4~9月、10~3月となっていて、HOPコースからJUMPコースへ進級する際には4月の一月お休みとなるのです。

このすっきりしない区切り方で黙っているKomachiさんではありません。しっかり突っ込んできました。
回答はまず、JUMPコース(年少~)以上のコースは幼稚園や学校の新学期4月をめどに新しくお稽古事をスタートさせる人が多いのでそれにあわせているが、4月スタートより5月スタートとして受け口を広くもたせているということです。のんびりやさんの私のような人のことをいっているみたいです・・・(苦笑)

それに対して親子一緒のコースは時期的な影響があまりないため4月スタートとしているようです。
影響がないならこちらのコースも5月からにしてもいいのに・・・という私のコメントに対して受付の方は苦笑いでお返事をいただきました。

途中入会も随時募集として問題ないといってはいるが、実際は9月までしか使わない教材でも8月に入会した場合は必ず購入しないといけないなど融通はきかないようです。しかし教材は初回は9398円ですが、継続して使う共通の教材などは次回から購入する必要はなくそれがなければ6000円くらいです。



実際に通われているママ(Aさん)からお話を伺いました。

komachi:音楽もたくさん聞けて、楽しそうでしたがお子様はヤマハが楽しいと言っていますか?
Aさん:うちは上の子も通っていたのでそのままこちらでお世話になっていますが、この子は楽しいといっていますよ。

komachi:上のお子様も現在通われていらっしゃるのですね~
Aさん:いえ、上の子は親子一緒のコースのときは楽しんでいましたが、親と離れるコースになったとたん嫌がり、これ以上無理に通わせても・・・と思い辞めました。

komachi:まだ親との分離の時期ではなかったのでしょうね。幼稚園も大変だったのでは?
Aさん:でも幼稚園は問題なく通っていますが。

komachi: ・・・・(苦笑)
Aさん:この子(下の子)も今は親と一緒で楽しんでいるので通っていますが次のコースでどうなるか・・・という感じです。


なんというもったいない!今のこの一番大切な時期に「まあいいかな~」的に考えてしまっているとは!
次に行くお金と時間はあっても、今の時期の時間は取り戻せませんよ~。

こちらのお子様の場合、原因としては「親から離れられない」というだけの理由ではないような気がします。幼稚園だって今は楽しく通っているという事実があるわけです。
親子一緒の時期は「ママと行くから、ママと一緒にやるから楽しい」という理由だけで子供は行動できます。そうすることが一番良い時期ともいえます。しかし、次につなげるためにはもっとその教室、レッスン、講師が引きつけていかなければならないのです。
ヤマハさんにもそれを期待したいものです。

komachi実録?に基づき、子供英会話教室の選び方を考えるサイトです。

Copyright(c) komachi All rights reserved.