子供英会話教室の選び方と、子育て奮闘記。子供英会話教室を比較・評価しています。

幼児教育と子育て奮闘気。子供英会話教室の話題など

子供英会話教室@なび

ECC外語学院 体験レポ

ECC キッズイングリッシュワールドへ行って来ました。
こちらはECCジュニアとは違いECC外語学院内で行っているキッズコースになります。先生はネイティブ講師となりカリキュラム、テキストなどシステム内容も全てECCジュニアとは別物になります。

レッスン前に子供の英語経験や家での英語教育について聞かれ、教材を少しつかっていますと答えたら英語を口ずさんだり、真似して英語を話すかなど子供の英語レベルらしきことをあれこれ聞かれました。この辺りのチェックのしかたもやっぱりお堅いイメージのECCだ~って感じました。

レッスン内容もかなり「きちんと」していて、全レッスンの学習内容を1レッスン毎に何を学習するか細かくカリキュラムされ、更には1回のレッスンで最初の5分は何をして次に10分間で何をして・・・とそれはそれは見事にプログラムされていました。

こんなに細かくカリキュラムが作られていて、講師も決められた時間でそれを実行しするので、講師によってのバラつきがないというところを押していました。受ける側としては「きちんと」していて安心です。

実際のレッスン中も講師がカリキュラムペーパーを持っていて、「次はえっとぅ・・・」という具合に(言葉は聞こえませんでしたが想像で)時計を見ながら次の工程へと確認しながら進めていきます。

ゲームばかり中心だったり、テキストばかり中心だったりと講師によってレッスンスタイルが大きくかわってしまうのも問題ですが、でもここまで「きちんと」していると怖い!
講師のオリジナリティーが子供の気持ちを引き付ける力にもなるのでやる気のある講師は窮屈でお気の毒・・・なんて余計な心配をしてしまいました。(それで講師は満足しているのかな?)

3歳児クラスくらいまではわりとアクティビティで「楽しく。楽しく。」という感じが伝わってきましたが4歳クラスからはもう「まじめな学校」という感じ。

また、説明員の方がもう一つECCの特徴として何度もおっしゃっていたのが「講師の質問に対して「Yes」「No」だけで答えても○はあげない。」ということでした。
必ず「Yes, I do.」などの構文で答えさせる。このあたりはかなり厳しくします!ということでした。
やっぱりECCだ~ 絶対英検、なにがなんでも英検!!という方はお勧めかも。


発音を能が記憶できるのは6歳頃まで、ネイティブ講師でなければとかなり一生懸命語っていたので、少し意地悪なことを聞いてしまいました。
ECCグループ内のECCジュニアは日本人講師だがもしECCジュニアで数年お世話になったとした場合、その発音は将来的に障害になるということですね?

かなり慌てたのでしょうか、「・・・・講師によってはそうなることも・・・」と苦し紛れですが正直なご回答をいただきました。

実際にECCジュニアからの転校を考えている方も多いとか。うちわもめがないことを祈りたいです。

komachi実録?に基づき、子供英会話教室の選び方を考えるサイトです。

Copyright(c) komachi All rights reserved.