子供英会話教室の選び方と、子育て奮闘記。子供英会話教室を比較・評価しています。


幼児教育と子育て奮闘気。子供英会話教室の話題など

子供英会話教室@なび

09.13 鼻にアイロンビーズが

子供の家庭内の事故というのは以外にも多く、考えられないことを子供はするものです。
特に息子(第2子)はありえないことをしょっちゅうしでかします。

久しぶりの一人で入浴♪なんてのんびりお湯につかっていると
リビングで悲鳴が!でもいつもの兄弟喧嘩か何かと思い「聞こえないふり」。

泣き声が小さくなってきて兄弟喧嘩も終わったのかと思ったら
「ママ~鼻の中にアイロンビーズが入っちゃったぁ~」
自分の耳を疑うというのはまさにこんな時なんだろうか。本気で聞きなおしていました。しかしやっぱりビーズが入ったらしい。

何となく鼻に入れてみたくなったビーズ。思ったよりすっぽりと入り慌てて取ろうと指を鼻の中へ・・・ビーズはどんどんどん中へ・・・そしてすでにビーズは視界では捕らえられないほど奥へ旅立ってしまいました。

ひとまず鼻を「チーン」してごらん!といってみましたが、実はまだ鼻をかむことが出来ないのです。。。「フン!」ってするのよと言えば「ス~!!」っと吸い込んでしまうありさま。
目頭の下あたりに異物を感じていたようだが鼻で息を吸ったため更に奥へ入り込んでしまった。うまく口から出てくれればいいのだが・・・なんて思っていたら

その瞬間、異物を感じなくなり息子は「あっ!このまま寝て朝になったら出てくるかも!」とすっごいひらめいた顔をしていたが何の根拠もありません。(呆れる)

よし!最後の手段と思いティッシュで紙縒りをつくりお鼻を刺激。本人もことの重大さを感じてかおとなしくティッシュを受け入れました。
まっていました大きな「ハックッショーン!!」くしゃみが出ました。すぐさま鼻を見てみるとビーズ発見!この機会を逃してはならぬ。必死でピンセットで取り除きました。

ビーズは丸くツルツル意外とつかめないものでしたが、なんとか取れました。
その後、鼻血を押さえながら反省中の息子でしたが安堵した息子のコメントは
「ママ。アイロンビーズ取れて本当によかったねぇ~」でした。(笑)

ええ。本当によかったですとも・・・

皆様もぜひお気をつけくださいませ。そんなことするのは我が子だけかしら???

komachi実録?に基づき、子供英会話教室の選び方を考えるサイトです。

Copyright(c) komachi All rights reserved.