子供英会話教室の選び方と、子育て奮闘記。子供英会話教室を比較・評価しています。


幼児教育と子育て奮闘気。子供英会話教室の話題など

子供英会話教室@なび

07.23金魚すくい

近所の中学校の校庭で盆踊り大会が開かれ、家族で行ってきました。
子供たちには浴衣を着せムードは完璧!

太鼓と音楽にあわせておば様方の踊りを真似ながら何週か踊り、和太鼓の音も心に響かせて心地よい汗をかいて健やかな笑顔を見せてくれました。
弟はぼ~っと櫓の太鼓を見ていただけでしたが・・・

一生懸命踊っている子供達の前を、
ズカズカと平気で横切る若者(おそらく中学生でしょう)。
盆踊りの趣旨を理解しているわけもなく、無条件で夜の外出を認められ友達と楽しいひと時を過ごす、若者にとっては盆踊りそのものは関係ないのでしょう。

櫓を囲んで踊っているなんてこと全く考えていないのでしょうね。

なんとも情けなくなる一面でした。もし、娘が将来そういう行為を平気でするような子になってしまったら本当に悲しいですね。
もちろん、そのころになると子供の素行なんて把握できるわけもなく何を考え何をしているかは、親には理解できなくなってくるのでしょうね。
すくなくとも、昔マナーとしてこういうことを親からうるさく言われていたな~と思い出すことがあって欲しいと願いたいです。

話は変わって、一踊りしたあとは定番のヨーヨー釣りやゲームを楽しみました。
最後に金魚すくいに目がとまり、挑戦!

中学生の男の子が一人で5匹も6匹もすくっていてすごい得意になっていたが後がつかえていて周りは少し引き気味だったわ。

やっぱり上手にはできなくあっというまに紙は破れ、残念。
それでも持って帰りたいといえば何匹かいただけるのだが、持ち帰ったところでどうしよう?水槽も何もないし大抵すぐに弱って死んでしまう。そんな記憶があったので躊躇しましたが子供は持って帰ると言い出すし。。。当たり前ですよね。

帰宅してとりあえずバケツに入れて朝を迎えました。
やっぱり・・・4匹は天に召されてしました。

主人が早く水槽を買いに行こう!と以外にも大張きり。
水槽を買いにいったものの、やっぱり金魚だけでは・・・というお決まりの流れ。
金魚だけではなく熱帯魚となるとヒーターも必要、熱帯魚も1匹じゃ・・・オスメスつがいで・・・あともう一種類・・・なあ~んていって会計を済ませたら、目玉が飛び出しそうになってしまいました。

100円ですくってきた金魚のためになんでこんなにお金がかかるの!
それもそのはず、私だけだったら水槽を買ってはい終わり!だったことでしょう。主人がすんごい張り切っちゃって子供のように魚を眺めて選んでいましたよ。

帰宅してからも真っ先に食事をとる主人がせっせと水槽の準備をして、面倒な設定もいつになく真剣に丁寧に行い本当に意外な一面でした。自分の好きなことならこんなに積極的なのね。。。

セッティング完了、魚の水槽うつしも1時間かけて丁寧に丁寧に行っていて、
子育てもこれくらい丁寧だったらよかったのに~なんて思いながら見ていましたよ。もちろんそんなことはいえませんが(笑)

水槽へのお引越し完了!ライト点灯!
「いいね~」と幸せそうに眺めている主人。

その後、昼食をとりお昼寝をした主人、子供たちに起こされリビングに現れたと思ったら真っ先に水槽を眺め癒されていました。
いつもなら何よりも先にテレビをつけて新聞を読み始めるのに。。。

我が家で飼うはじめてのペットとなりましたが、誰よりも一番楽しんでいるのは主人のようですよ。しかし、飼育するとなると大変なことはたくさんあります。
水槽の水も定期的に取り替えなければいけないし、ただ水道水をいれるわけではないので今後主人がどのようにこのお魚さんたちと関わっていくのか乞うご期待ください!

komachi実録?に基づき、子供英会話教室の選び方を考えるサイトです。

Copyright(c) komachi All rights reserved.